祇園祭(岩井の夏まつり)

古くから農村として栄えた岩井町(石井郷)では農作物が稔りに向かう旧6月に例大祭が行われ、五穀の豊穣と疫病除け、厄除けを中心とした神霊信仰として成熟してきました。
祭礼は中世以来次第に形式が整えられてきたといいます(岩井の町方は鎌倉前期に、新町は江戸前期に造成されました)。 最も古い記録は享保年間に残された資料で盛大な御祭が少なくとも三百年以上も続いていることが明らかになっています。
例祭当日は「天王様だ、祇園だ」と騒ぎ、下猿島郡全域の村々が賑わったということです。
「八坂神社の歴史・由緒」についても併せてご覧ください。


八坂神社の祇園祭は「岩井の夏祭り」として地域に親しまれ、七月の第四金曜日、土曜日二日間は市内商店街を一㎞以上の歩行者天国として大勢の人で賑わいます。 町中も提灯に彩られ、夏まつりを盛り上げます。
第三土曜日には八坂神社にて御祭を行ったあとで御神輿に神霊を移し、町内を御神幸いたします。 その後御神輿は町内御仮屋に納められ、七日間町内に鎮まります。(御神輿はかつぐのではなく、台車に載せて曳く形式となります。)

歩行者天国初日の第四金曜日には祭礼當屋・八坂神社氏子総代役員が御仮屋御神輿前に集まり例大祭を執り行い致します。
町内は活気あふれる催しやたくさんの露店が開かれます。
御神輿の渡御は二日目となります。五穀の豊穣を祈り、また威勢のよい掛け声をもって御神輿をかつぎ、町内から疫病や厄を追い出します。
町内を渡御した後には八坂神社に還御し、神職の太鼓の音とともに氏子は神社を時計回りに三周してから御神体を神社にお戻しすることが昔からの伝統となっております。
なお神輿のかつぎ手は白丁を身にまといます。白丁は無位無官、神様のもとに皆が上下無く平等であるという精神を象徴します。

八坂神社の御神輿  

岩井八坂神社の御神輿は関東でも珍しい大型超重量の「かざり神輿」で重量感にあふれた荘厳な風格を持って周囲を圧倒する美しさを持ちます。幅6尺、高さ7尺の巨大さを誇ります。 正確な重さは測定できませんが、氏子の中では神様を乗せるとグッと重くなるのだと噂され、総重量はおよそ2トンにものぼると伝わります。
かつぎ方としても、もみながらかつぐものではなく渡御という言葉のままに、豪壮に移動する伝統的なかつぎ方を特徴としています。 最大の見せ場はかつぎ手一同が「ワッショイ」という掛け声に呼吸を合わせて、神輿を両手で差し上げる場面です。 町内氏子一同が協力して神輿をかつぎ、町内から邪気を追い払い清浄にすること、また一年の五穀豊穣を祈願することを目的としていますが、同時に心を一にして目標を達成することも御祭の大切な目的です。 また、普段は鎮守として町から離れた社に鎮まる神様が一年に一度町を訪れ、
八坂神社となる以前は香取神社であったという話もありますが、前身となる神社がお祀りされており後に八坂神社となったため、現在の町方とは離れているのではないかという説は根拠として説得力があります。 いずれにせよ八坂神社創建当時は現在の町方は存在しておらず、町方が生まれた鎌倉時代前期から新町が造成された五百年の間に八坂神社となったというのが有力なようです。

かつての祇園祭

享保元年、元文時代、および嘉永6年に残された文書には、当時の祭礼の様子が残されていますので紹介いたします。 享保時代に十分祭礼の形式が整っていたようで嘉永時代に金銭的負担の大きさから接待を減らすなどの縮小は見られますが、祭礼の主要な部分は変わることなく盛大に続いてきました。
かつての祭礼は村の名主が大きな力をもっていたようです。旧5月晦日に最初の祭礼が本殿で行われてから、旧6月24日に御神輿が本社入するまで祭礼が長期間にわたりました。 御仮屋は渡御より2週間前の7日に建てられます。
14日は「宮祓(みやなき)」といい氏子が朝風呂で身を浄め、持参した掃除用具で境内を清掃しました。その後村境に竹を立てて辻止めをし、村中は神域となります。

15日には神輿前にて夜中蝋燭3丁のみを明かりとして湯花(湯立)神事を執り行います。湯立は神前で湯を沸かし、煮えた湯笹の葉で周囲に振りまく神事です。 竹を立てて注連縄を張り、米一枡を供えます。神主のほか山伏と神子が執行し、真夜中にも関わらず見物人で溢れたようです。

神輿の渡御には神馬を先頭に四人の鉾持ちや舞太夫が続き、山車もたくさん出ました。化粧をした町の子どもたちが華やかに着飾り山車を曳く後ろには大勢の仮装行列が繋がりました。 山車ではひょっとこが踊られます。

湯立神事、そして神輿の渡御は真夜中に蝋燭や提灯のわずかな明かりをたよりに斎行され、荘厳かつ神秘的な様相にあふれていました。 とくに神輿は大きな掛け声だけが響く中暗闇に紛れ、遠くからゆらゆらと提灯が近づいてくると思うと突然神輿が現れる。恐怖とあまりの勇ましさに腰を抜かし、そして興奮したものだと古老は話します。 電気がなく、暗闇の中での祭礼は現代とは大きく異なる趣がありました。

また、神事として競馬・相撲・綱引き・競漕も行われました。競馬はとりわけ神事としても重視され、見物人も大いに盛り上がりました。 三町それぞれが馬を出して勝ちを競う形式で行われ、「勝馬を出した町が今後一年最も栄える」といういわれがありました。 そのため駿馬を探しに筑波まで歩いて出向いたり、馬の世話も町民総出で行ったという記録が残るなど、どれほど真剣に取り組んでいたのかが窺えます。 祭礼が近くなると町中を走る蹄の音で目を覚まし、表に出て馬の姿を見て御祭気分が掻き立てられました。 馬は裸馬ですが、騎手は毎年豪華で派手な半纏を新調して着込みます。絵柄は「牡丹に唐獅子」や「清正の虎退治」といった勇壮なものが好まれ、目立つ事にも町の威信をかけていたようです。
競馬は日清戦争、山車は大正中期の戦後恐慌を境に消滅してしまい、その様子を知る人もいなくなってしまいましたが、御祭の歴史として皆様に知っていただけると嬉しく思います。

節分祭

節分は立春の前日を指します。、旧暦では立春が新たな一年の始まりの日として、現在の元日に当たる大変重要な日でもありました。 同時に節分は大晦日でもあり追儺(ついな)行事は厄を退ける大祓でもありました。 八坂神社でも毎年2月3日節分の日には節分祭・豆まきを執り行い、多くの参拝者が訪れます。
また毎年豆まき奉仕者を募集しています(どなたでも参加可能です)。御祓いを受けて頂いた後に豆まきに御奉仕いただきます。 また、子ども豆まきとしまして小学生(学年不問)には無料で豆まきに参加していただけます(おみやげ付)。 福豆のほか、餠やお菓子も撒きます。毎年境内では甘酒の接待も行います。ぜひ家族皆様でお越しください。