岩井八坂神社の歴史

詳細は不明な部分が多いですが、延長2(西暦924)年に神社が創建されたと記録されます。 天慶3(940)年に記されたという『将門記』には石井営所と石井之宿が登場することから、さかのぼること約1100年前には、この地が伊波為(いわい)と呼び石井と書き、将門の営所があった宿場町であったことが分かります。

八坂神社は石井郷が成立の頃から産土神・守護神として信仰されていたと思われます。 かつて「牛頭天王」と呼ばれていたことから、現在も「天王様」と呼ばれることも多く、また神社の正面地区は「天王前」という区名とされていることからも厚い信仰を窺うことが出来ます。

元文5(1740)年の古文書では「牛頭天王は下猿島郡の総社にして」といわれるほど広く信仰され、例祭当日は「天王様だ、祇園だ」と騒ぎ、下猿島郡全域の村々が賑わったということです。

祭礼についても併せてご覧ください(移動)

八坂神社と岩井の発展

八坂神社は祇園祭が行われる現在の町の中心部からは遠く離れた地に鎮座していますが、それはなぜでしょうか。

古代の石井は第一に将門の本拠地であり、将門縁の馬牧の中心であり、宿駅でした。 この当時は上岩井(現在の国王神社周辺)を中心に栄えていました。 現在の中心となっている岩井の町方はその起源を鎌倉時代前期にさかのぼりますが、三町、すなわち本町・仲町・新町は上岩井に近い本町から造成され次第に南下してゆき、新町の造成は延宝(1673~81)時代のことでした。 新町が造成されたころ、岩井の地には多くの上方商人が訪れ、土着しました。 一説によると、商人たちは京都八坂神社の祭礼の華やかさを岩井にももたらそうと八坂神社を勧請する努力をし、現在の八坂神社となったのではないかともされています。

八坂神社となる以前は香取神社であったという話もありますが、前身となる神社がお祀りされており後に八坂神社となったため、現在の町方とは離れているのではないかという説は根拠として説得力があります。 いずれにせよ八坂神社創建当時は現在の町方は存在しておらず、町方が生まれた鎌倉時代前期から新町が造成された五百年の間に八坂神社となったというのが有力なようです。

八坂神社の鎮座地

では、八坂神社及びその前身となった神社はなぜこの地に鎮座したのでしょうか。 かつて神社の西側(現在の長須地区)方面には鵠戸沼(長須沼)という大きな湖が広がっていました。 下総旧事孝より「源を寺久、上出島に発し、東は鵠戸,長谷、西は若林、長須等の村々に回環した一里、横十横ばかりの小湖也。」とありますように流れ、鵠戸沼は小山に至り、最後は利根川へと流れ落ちました。

神社創建の頃、長州村は平将門が牧司を兼ねていたという長州馬牧として栄えました。 馬の調教をしていた富士見の馬場は現在の市街地方面にあるため八坂神社付近は交通量の多い主要道路であったと思われます。 長須から町方方面を見ると、湖の向こうに巨木の繁茂した小高い丘が浮かび、水面に影を落としていたといいます。 その神秘的な丘は神域として相応しく、現在の八坂神社の社地となったと伝わります。鵠戸沼を船で渡り神社を参拝した、牛頭天王は眺望絶佳な丘であるといった話も伝わります。

かつての社地は現在よりも四反以上広かったとされ上述したように巨樹が立ち並び、日中も猶暗い有様であったといいいます。 安政3(1857)年9月の台風では境内の檜や杉の木が37本も吹き折れ、倒れたために処分したと記録が残り、その様子を窺うことが出来ます。 鵠戸沼は昭和30年に干拓工事が完全終了し、現在の岩井の風景は記録と様変わりしました。かつての鵠戸沼の風景を想起してみてはいかがでしょうか。

八坂神社に伝わるお話

「かつて連日連夜大雨が降り続き、沼川が氾濫する大水害が起きました。

誰もが皆「神様がお怒りになったのだ」と考え、天を仰ぎ神様に祈りました。

ようやく空が晴れ上がり、水も引きはじめ、大地もよみがえりつつありました。

人々は太陽の光を浴びようと、大喜びで外へと飛び出し、走り回ります。

すると、小高い丘に立派な神輿が流れ着いていることに気づき、人々が集まりました。

湖に続く入江の山林にさん然と輝くその神輿は、まさに天からの恵みでした。

村の長老はその場に祠をつくり、神様をお祀りすることを決めました。」

これが現在の八坂神社の起源ともされています。 このお話は八坂神社の由緒や、かつての鎮座地、地形についてを教えてくれます。